俳句&短歌&アルバイト

いつものルーティンのあと、次男を早朝アルバイトに送り出し、午前中はちょこちょこ脱線しながらもずっと俳句&短歌に取り組みました。身の回りの季節感、出かけた先での季節感など詠む範囲が限られているし、語彙も少なく今月もこれだという作品はないなぁ。とりあえず課題数は作れてホッとしました。夜長に見直しと清書をしました。

 

お昼にファミサポと郵便局にいき、ピーターパンでラムレーズンフランスと無花果デニッシュを買ってお昼にしました。

 

午後はTN学童へアルバイト。平日のシフトは久しぶり。時々ふいに手足が出てしまうY君の担当でした。2時45分頃から学校を終えた子どもたちが雪崩れ込んできました。名札を返すのを見て名前を覚えようと努力しますが…新たに覚えられたのは3人。次回のシフトまで覚えてられるかな…

帰ってくるとまず宿題。プリントや漢字練習を終えると10分の読書(マンガ🆗)。『先生見て』と宿題を見せに来てくれると嬉しい♡

Y君と『人生ゲーム』してたらYU君が見にきてくれたり、またY君とUNOしてたらTくんとRちゃんが仲間入り…Y君が帰るとS君とYU君のレゴを見に行き…二人が帰っていくとIちゃんと黒札で神経衰弱。IちゃんはAちゃんとの関係性に疲れて『一人になりたい』と…その気持ちわかるなぁ。壁にごんごん頭を打ちつけるので膝に乗せて頭なでなでしてあげると止めました。そのあとトイレ掃除。4時間しっかり働きました(^.^)

 

帰ってバタバタと晩御飯つくり。冷食ハンバーグ&目玉焼き🍳、豚汁、生サラダ🥗、白ごはん🍚

雨また雨☂️

次男が早朝バイトにでた後はのんびり…座椅子に根が生えそう…お尻も痛いし…

ウォーキングに出ようにも厚い雨雲が…それで録画しておいた『偉人、敗北からの教訓 古田織部編』をみました。利休の弟子でありながらまた違った茶道を編み出した織部。茶人=商人のイメージだけど、織部は武将で関ヶ原にも東軍で参戦、有能なネゴシエーターだったらしい。お茶を飲みながら打ち解けて心をつかんでいくのかな。豊臣との決戦を避けたい織部の行動が敵方に通じていると疑われ、最後は家康に命じられて切腹…何だか切ない(≧∀≦)

 

BS時代劇『風の峠 銀漢の賦』を見始めました。中村雅俊柴田恭平、吉田羊、清楚で強い武士の妻に中村ゆり麻生祐未。3人の親友が藩家老、下役人、農民としてそれぞれの厳しく悲しい運命を背負って生きていく物語。登場人物が多く人間関係も複雑…1週間あくと前週の話が思い出せないので、最終回まで録画してまとめて見ることにしました。

 

1990年発行のNHK歴史への招待第5巻『無敵義経軍団』を本棚から引っ張りだし『義経は生きていた?』の部分を読みました。昔から判官びいきだった私…衣川の戦いから逃れて北海道、大陸へと生き延びた伝説には強く惹かれます。しかし読み進めると…江戸幕府が北海道を調査開拓するにあたり、義経がこの地にいた、元々日本人の統治が及んでいたという事実が必要とされたため、調査団の近藤重蔵によって作られた話なのではないかということでした。アイヌの人たちをも巻き込んだサスペンスのような物語。でも何だか納得できます。もしそうなら、戦前の満州建国の時も『もともと義経がチンギスハンになってこの地を治めていた』とか日本人の判官びいきの心を揺さぶるような使い方をしたのかも知れない。ちょっとガッカリもしたけど…夢や憧れは持ち続けたい…いつか東北〜北海道の義経の足跡(らしき場所)を訪ねてみたいな♡

 

雨がしょぼ降る中、ドラッグストアへ卵やお豆腐など水曜日の生協宅配まで不足する食材を買いに行きました。3月下旬並みの気温…桜がまた早く咲くかな…

 

午後は歌舞伎鑑賞(o^^o) 去年までBS松竹で歌舞伎番組があるとは知らず…気づいた時は嬉しかった!今日見たのは『高杯』と『梅ごよみ』。『高杯』は盃をのせる高杯を買ってくるように言われた勘三郎さんが、芝翫さんに騙されて『高足(下駄)』を買うお話。表情が面白い!下駄のタップダンスもさすが!鼓の田中伝左衛門さん髪が黒いのも素敵でした(^ ^)

『梅ごよみ』は題名からはちょっと想像できない幸四郎さんと3人の女性関係(勘九郎さん、菊之助さん、児太郎さん)、それに茶入の紛失事件が絡んだ複雑な物語。女性より美しく色っぽい女形…やはり菊之助さんはピカイチ!

 

夕方、長男がひょっこり帰ってきて、サッカーウェアやフットサル用のシューズを持って行きました。ちょうどチョコも渡せて良かった!大学の先輩が参加しているフットサルサークルに行ってみるのだとか。仕事して一人暮らしして新しい仲間づくり…頑張っているようです。『バイト行けてる?』と誰もしてくれない私のアルバイトの心配もしてくれました(*^^*)

 

 

 

師範披露茶会

今日は流派の師範になられた方の披露茶会でした。仁和寺の広い和室には書やお花が飾られ、5名の新師範の皆さんがお点前とお童子を務められました。今日までお稽古してこられた集大成、おめでとうございます!親師範の先生方もお道具選びからいろいろと今日のために奔走して来られ、生徒の師範披露は感慨ひとしおと思います(*^^*)

f:id:Hitoyasumisan:20240218221810j:image

f:id:Hitoyasumisan:20240218221817j:image

新師範の中にはまだ学生の方もありました。子どもの頃からお稽古事をする家庭環境…羨ましい限りです。私のようにお稽古事には全く縁のなかった実家に育った人もいるとは思うけど、教室で一緒に習っている皆さんはほとんど前者。この違いは人生において非常に大きいものがあります。生まれる場所を選べないなら、小中学校ででも伝統文化の体験ができたら良かったな…

 

帰りは仁和寺前から地下鉄駅に出ようとバスに乗ったら、妙心寺龍安寺金閣寺を経由するコースで、外国人観光客で超満員!運転手さんのアナウンスも通じないので乗り降りに時間がかかります。時刻表どおりには走れず、運転手さんのイライラがマイクを通じてとんできました。

 

今朝たまたまリビング新聞を開いたら『現代書家展』の広告が出ていて、見つけたのも何かの縁と帰り道に立ち寄りました。かなのくずし文字が少し読めると嬉しかったけど、ほとんど読めない作品もあり、読めない書を飾るのはどうなんだろうと思いました。読めてこそ鑑賞できるのではないかと…

あと1年通信で習字を習う間に、どこか良いかな教室が見つかりますように!!

東伊豆へ行きたい♡

食品偽装をテーマにしたドラマW『震える牛』を全五話中四話連続で見ました(第一話見逃したけどだいたい想像で)。夜長にチャンネルサーフィンしてたら目に止まり午前2時まで目をこすりながら…

近くに量販店ができて廃れていく商店街、コミュニティの問題、量販店の安くて大量の品揃えに喜ぶ私たち消費者、果たしてこの肉は安全なのか、この加工品は安全なのか、美味しければほとんど気にしない…大事なものが失われていく現代社会。生産者、加工業者、販売者、産廃業者、メディア、そして警察までも絡んだ興味深い内容でした。最後は警察の正義が勝ってホッとしましたが、BSEや鳥インフルのような災禍に巻き込まれて一番苦しむのは常に生産者なのだと実感しました。小林薫三上博史吹石一恵平山浩行他の俳優陣も良かった!

 

今朝の『旅サラダ』で、東伊豆町稲取で『つるし飾り雛祭り』の風習があると知りました。もう何十年も前にどこかでつるし飾りを見て自分なりに作り始めたけど、作り続けることに限界を感じ、近頃は全く針も布も手にしなくなりました。でもあんな素敵なつるし飾りを見るとまた何となく縫いたくなりました。

 

午前はひとりゆっくり…『ブルーブラッドNYPD家族の絆』を見て、エア和太鼓の練習、篠笛を出来るだけ毎日10分でも吹く!

 

午後はKT学童でアルバイト。子ども4人大人2人の穏やかな午後。HくんとLaQでコマを作ってどちらが長く回るか!UNOやババ抜き、外遊び、おやつ、片付け、トイレ掃除…

 

7時過ぎに一旦帰って和太鼓練習。座布団太鼓、エア太鼓練習の成果は…やはり頑張っただけのことあり、ガッカリするような間違いはなくまあまあ満足感のある練習になりました。

 

録画しておいた『やまと尼寺精進日記』スペシャルを見ました。里から徒歩で50分のお寺。静かな自然の真ん中…季節の移り変わりを感じ…自然の恵みをいただく穏やかな日々。いつか訪ねてみたいな(*^^*)

のんびりのんびり

次男が早朝からのアルバイトに出たあとは特に予定のなかった今日…

NHK『英雄たちの選択 赤穂浪士最期の49日』を見ました。赤穂浪士がお預けとなった四家のうち細川家では、浪士たちが良い待遇を受けたこと、世話係の堀内伝右衛門が預けられた内蔵助はじめ浪士たちに親身に世話をしたこと、禁じられていた取材により『覚書』という記録を書き残したことは初めて知りました。

ほとんどの赤穂事件ドラマは『吉良の首、討ち取ったり!』四十七士が江戸の町を行進する場面で終わるので、その後のことは松本白鸚が内蔵助を演じた『大忠臣蔵』で描かれていたくらいしか知りませんでした。

江戸幕府の平和な時代には、武士が武士であった時代への憧れや懐古の思いがあったのだろうか。自分しか知り得ない浪士たちの経験談を書き残そうとする堀内伝右衛門の使命感が伝わってきます。処分が決まるまでの浪士たちの生活、切腹へ赴く浪士たちの思いまで…

 

続いて『あなたの知らない京都旅 ねね波乱の人生』を見ました。男が戦国の世に身を投じている時に女たちはどんな生活をしていたのか…ねねさんと前田家のまつさんが仲良しで秀吉との結婚を取り持ったのが二人だったとは!

ねねさんは朝廷や敵の徳川とも良い関係を保っていた…ねねさんが働きかけたというより、朝廷や徳川がねねさんを慕ってのことだったのかも。今年はねねさん没後400年だそう。ねねさんの足跡を訪ねて歩いてみたいな(^ ^)

 

午後に小一時間のウォーキングに出てランコントルさんでパンを買いました。そのあとはスマホの録音を聴きながら座布団太鼓の練習を何回もしましたが、一度も完璧には叩けず…あと数回の練習と家での座布団太鼓で何とか乗り切らないと(^ ^)

 

京都市内には歩けば当たるほどパン屋さんが多いとか…残りの人生のほんの数年でも京都市内に住んでみたい。京都の歴史、伝統文化、工芸品、食べ物、寺社仏閣、歌舞伎、祇園祭などなど、市内に生まれ育ったらそういったものがもっともっと身近にあって豊かな人生が送れたのではないかと思うと、何だか羨ましい(*^^*)

一日に三つのこと

今日からしばらくKちゃん送りがないので、朝はゆとりがありそう…でも今日は小学校の朝読書だったので、出かけるまで読みの練習をしました。

絵本を読みに行ってるだけ…ですが先生方には良くしてもらえるし、何だか役に立っているようで嬉しいです♡

一旦帰って着替えて次男に声かけて駅へてくてく、午前はヨガ教室でした。始まる前に、会場の準備を当番がどこまでするのかとかいろいろと喧嘩腰の意見交換あり『今から心静かにヨガなのに』雰囲気がいがいがになってしまったのをN先生がうまく収めてくださいました。N先生曰く『誰の考えが正しいのかが重要なのではなく、誰にも違った考えがあることを知るべし!』

 

ちゃんと朝ごはん食べてなかったのでお腹がGooooと鳴りました(^_^*)

 

また一旦家に帰ってまた着替えて、☂️予報のためTさんを車でお迎えに行って午後はウクレレサークルへ。今日は『あの素晴らしい愛をもう一度』『愛の挨拶』を何度も練習しました。レッスンの後、初めて生徒のみの交流会を開催しました。ほとんど残ってくださり、自己紹介やお喋りで楽しく交流できたのではないかと思います。もとはTさんの提案だけど何故だか私が事務局になってしまって…肩肘張らずゆるゆるな感じでやっていけたらいいかな(^_-) 

三寒四温…

立春を過ぎ急に春めいてきました。先週小さい雹みたいなのがパチパチ降ったのに、今日は20度!空気が一気に緩んで目や鼻がこそばい…(^ ^) 北海道でも10度を超え、雪景色が消えウインタースポーツの大会が中止になったりしたらしい(^_^*)

 

朝のルーティンとKちゃん送りあと、ウクレレサークルの部屋どりにコミセンへ行きました。待ち時間の20分が長い〜以前は椅子とテーブルが設置されていて子どもたちもよく集まってカードゲームなどしていたものですが、コロナの時に撤去されたまま…これでは市民憩いの場にならないなぁ…宇治市のコミセンにはちょっとした寄り合いに自由に使ってよい広い談話室があるのになぁ…

次男が出かけたタイミングで布団を干し、銀行へ月謝用の新札を替えに行きました。朝から衆議院予算委員会の中継を見ていましたが、午後になっても続いていました。京都の山井さん初め立憲民主党の追及に総理大臣の答弁ははっきりしないまま…朝と同じようなコメントに終始していました(≧∀≦)

 

ご近所のお庭には白や薄ピンクの梅が咲いています。綺麗な枝垂れ梅は平安時代に詠まれた歌を彷彿とさせる感じで、同じような景色でも昔の人は現代人より細やかに鑑賞していたんだと思います。

ご飯を仕掛けて午後はF学童へアルバイトに。優しい先生たちとかわいい子どもたち。保育室に入るとNくんが『あ、先生久しぶり。けん玉だいぶできるようになった!』と迎えてくれ、外遊びに出る時にSくんが『ぼく、先生好きやで』と言ってくれてキュンときました。今日は避難訓練があり、消防士さんが来られました。私は誘導係。子どもたちを部屋から出して外に学年別に並ばせる役目。靴を履き替えようとする子に声かけたり、楽しそうに喋ってる子に声かけたり…声が通らないし急に大きな声は出せないとわかりました。

勤務時間が短くAちゃんと百人一首ができなかったし、Kちゃんのけん玉もしかめを数えてあげられなかったし、トイレ掃除も出来なかった=(^.^)=